なぜ「海老で鯛を釣る」?

Japanese / 日本語

東京のすし屋の娘でもある、江戸前寿司伝道師Satomiです。

「海老で鯛を釣る」ということわざをご存知の方も多いのではないでしょうか。では、なぜ、「海老」なのかご存知ですか。

今回は、なぜ「海老で鯛を釣る」というのかを調べてみました。

ことわざとは

ことわざとは、

「鋭い風刺や教訓・知識などを含んだ、世代から世代へと言い伝えられてきた簡潔な言葉のことと言われ、その文化に属する者の思考に、意識的あるいは無意識的な影響を及ぼすもの」

「海老で鯛を釣る」の意味

「少しの元手または労力で大きな利益を得ること」の例えです。

「海老で鯛を釣る」の由来

「海老で鯛を釣る」の由来は諸説あり、

・鯛を釣る際、よくエビが餌として使われることから

・小さくて安い海老を餌にして、高価な鯛が釣れたから

・小さな海老で鯛を釣る釣り人を見た人が、商売の秘訣を思いついたから

・七福神で有名なえびす大神は、釣り竿と鯛を持っているから

Youtube

参照:Wikipedia goo辞書 仕事の秘訣 語源由来辞典

まとめ

どんな由来にせよ、日頃から良い行いをすることで、「海老で鯛を釣る」ことができるかもしれませんね。

NPOにて無料講座を予定しています。詳しくはこちら

寿司ネタにしても、歴史や文化を一つずつ学び、マナーを守りながら、自分なりのすしの楽しみ方を見つけられたらいいですね。

そんな事が解決できる講座をご用意してます!こちらの講座をお勧めします。

「下町とすし」どちらも学びたい方は、オンラインをお勧めします!

LINE公式にお友達登録していただけた方には、友達追加特典「すしの食べ方のマナーとは?」をプレゼント中!

<すし付き 対面講座>

すし屋のカウンターでお好みで注文できるようになろう!

<オンライン講座>

すしに詳しくなって、気軽に江戸前寿司を食べられるようになろう!

すし屋で気軽に刺身と握り寿司を食べられるようになろう!

<動画講座>

寿司の世界へご案内!

ご自宅でもお楽しみいただける講座は、どの講座からでもご受講いただけます。

新講座もお楽しみいただけたらと思います♫

タイトルとURLをコピーしました