長野の「すし」

SUSHI / すし

東京のすし屋の娘でもある、江戸前寿司伝道師Satomiです。

皆さんが「すし」と聞いて思い浮かべる「すし」はなんですか?

「握り寿司」を思い浮かべる方が多いかも知れませんが、日本には数多くの「すし」が存在します。

今回は、長野県の「すし」をいくつか紹介したいと思います。

長野県

東京の西にある長野県は、7世紀に建立された善光寺、そば、おやきなどでも知られている県です。

海なし県

海に面していない長野県や岐阜県では、川魚やきのこ、タケノコ、山菜、錦糸卵などを材料にした寿司を作っています。

箱ずし

写真は、阿智村の郷土料理。愛知県などと同じ道具を使って押す箱ずしで、行商人が伝えたといわれています。具は椎茸やタケノコ、錦糸卵などです。

万年ずし

木曽地方の大滝村で、糀などの発酵促進剤を使用しないで、米と魚と塩だけで作られるなまなれがあります。なれずしに近く、保存も長く聞くことから「万年ずし」と呼ばれるそうです。かつては、いわなであったが、最近はニジマスが多いとか。冬場に向けての正月料理だそうです。

Youtube

参考:GoogleMap長野県

『すしから見る日本 日本全国さまざまなすし』(川澄健 監修)

『現代すし学』 (大川智彦 著)

まとめ

その土地ならではの環境と昔の人の知恵からできた「すし」が日本はたくさんありますね。

NPOにて無料講座を予定しています。詳しくはこちら

寿司ネタにしても、歴史や文化を一つずつ学び、マナーを守りながら、自分なりのすしの楽しみ方を見つけられたらいいですね。

そんな事が解決できる講座をご用意してます!こちらの講座をお勧めします。

「下町とすし」どちらも学びたい方は、オンラインをお勧めします!

LINE公式にお友達登録していただけた方には、友達追加特典「すしの食べ方のマナーとは?」をプレゼント中!

<すし付き 対面講座>

すし屋のカウンターでお好みで注文できるようになろう!

<オンライン講座>

すしに詳しくなって、気軽に江戸前寿司を食べられるようになろう!

すし屋で気軽に刺身と握り寿司を食べられるようになろう!

<動画講座>

寿司の世界へご案内!

ご自宅でもお楽しみいただける講座は、どの講座からでもご受講いただけます。

さらに…現在、新講座を考え中!出来次第内容公開予定。楽しみいただけたらと思います♫

タイトルとURLをコピーしました