【すし屋の娘に聞いてみよう!】今話題!不倫をしたらどうなるの?!


不倫カップル…お寿司屋さんには結構いそうですね!


日本の不倫に関する罪の歴史

<鎌倉時代>

御成敗式目第34条において不倫に関する処罰、密懐法(びっかいほう)。

➡︎不倫は所領半分没収の上、職務罷免とされ、日本の歴史において初めて、不倫が厳しく処罰される対象となりました。


<室町時代>

更に不倫に関する考え方は厳しくなる。

本夫が姦夫を「宿世の敵」として討ち取る婦敵討(めがたきうち)を行なっても、無罪として容認される例が出てくるようになった。


<戦国時代>

「姦夫姦婦殺害」の容認は戦国大名それぞれの領地の法律の中に続々と導入。

土佐国の戦国大名である長宗我部元親が制定

「長宗我部元親百箇条」

本夫が姦婦を殺害しない場合には、姦夫・姦妻・本夫全て死刑!


<江戸時代>

江戸幕府の定めた「御定書百箇条」によると、妻も相手も死刑です。

そして相変わらず、本夫が姦夫を殺しても無罪。


実際、現場を押さえられて走って逃げる妻と姦夫を、とある御家人が走って追いかけてまで殺害した例などもあったようです。


更に驚くのは、娘が姦通した場合、父親が娘を殺害することも許されていたようです。


今では考えられない重罪ですが、実際にはよほどのことがない限り告発されるようなことはなく、相手側の男性が女性の夫に示談金を支払って内々に処理、というのが普通だったそうです。


というのも、この時代の男女の性愛は、現代とは比べ物にならないくらいフリーダムであったようで、男性が人妻に手を出すことは、建前上非常識なことではありましたが、意外にも今よりも女性の立場は強く、妻が夫を家から追い出したり、離婚・再婚も当たり前。


落語にも「間男」の話はよく出てきますから、もしかすると女性の不倫は今以上に『よくある話』だったのかもしれません。


そんな国だった日本で、現代のような一夫一婦制が確立されたのは、明治31年。

強固に結びつけられ、結婚したら浮気は絶対ダメ、という貞操観念を国民に植え付けました。


特に女性に対しては厳しく、既婚男性が未婚女性と不倫することに関しては、何のお咎めもなかったそうです。


最近話題の方々は、江戸時代より前にいたら、殺されていたかもしれないし、江戸時代にいたら、ここまで話題にされていなかったかもしれませんね。


#不倫#木下優樹菜#渡部建#ユッキーナ#寿司屋#寿司#食べ方#東京#マナー#歴史#寺子屋#旅行#郷土料理#寿司好き#寿司大好き#足立区#綾瀬#おもてなし#日本文化#講座 #東京 

0回の閲覧
​2019 Susy's Zoo Japanese & Nail
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube