【すし屋の娘直伝!】「寿司」の歴史や知識が学べる すしの寺子屋 初級クラス


すしの寺子屋 初級クラスについて紹介したいと思います。

最近は、一般の寿司店よりカジュアルで安価な回転寿司へ通う人が増加しています。それはつまり、本来の伝統ある寿司を知る日本人が減っていることに他なりません。

そこで、Susy’s Zoo Japanese & Nailでは、日本で連綿と受け継がれている寿司文化を一人でも多くの人に知ってもらいたいと、レッスンを開始しました。

全国でも食べられるようになっている

にぎり寿司も元々は江戸の郷土料理でした。

レッスンを開催する場所は、創業60年以上の私の父が経営する寿司屋の2Fの畳の部屋になります。

部屋に入る前に、靴下をプレゼント。なぜ靴下を配るのかもレッスンでお話しします。

すしのことだけでなく、日本文化も学べます。

レストランでも出されるおもてなし精神からできたあるものについての歴史もお話しします。

日本ならではのおもてなし。

皆がおもてなし精神を持っていれば、平和な世の中になるでしょうね。


おもてなしのお話の後は、すしの歴史クイズです。

間違えても開き直って、楽しく学びましょう!一度学べば忘れないはず。

グローバル社会、と言われますが、英語の勉強だけでなく、日本人として、まずは日本文化を学びましょう!

そして、すし屋の専門用語。寿司屋では隠語を使うのがルールだったためにあります。が、今ではごっちゃになっていますね。言葉の由来を聞くと使っている人は恥ずかしく思うはずです。

にぎり、巻物、チラシの歴史の話や職人の思い、知る人は知っているマナーもお教えします。最近では、知らない方が多いですが、知っていないと恥ずかしい内容になります。


次に、すしの美味しい食べ方。

なぜ美味しい食べ方として紹介しているのかは、レッスンを受講していただければわかります。


そして、すし屋での振る舞い。すし屋で嫌われない客になるための最低限のお話をして、最後にすし屋のカウンターでお寿司を食べる実践をします。


にぎりかチラシかを選んでいただきます。


カウンターでお寿司をいただく練習を職人とお話ししながら楽しんでいただきます。

練習なので、すし屋へ行く時に恥ずかしい思いをしないでいいようにここで失敗しましょう!


寿司店のお客様をチェックできることで、レッスンで注意すべき点もリアルな例を出せるかと思います。

また、「すし」をひらがなで書いている理由もわかっていただけるのではないかと思います。


すし屋へ行く勇気がない方や、留学予定の方、うまくエスコートしたいなーって方にもオススメです。ぜひ遊びに来て下さい。




#寿司屋  #寿司 #食べ方  #東京  #マナー  #歴史  #寺子屋  #旅行  #郷土料理  #寿司好き #寿司大好き #お茶 #あがり #専門用語 #足立区 #綾瀬 #榮寿司 #講座 #おもてなし #日本文化

​2019 Susy's Zoo Japanese & Nail
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube