【すし屋の娘直伝!】すし屋の湯飲みはなぜ大きいの?!


寿司屋のお茶の湯飲みについて。


寿司は昔、屋台で売っていて、屋台の店では酒を扱っていませんでした。

その理由は、

①屋台ではすし職人1人でなにもかもしなければならず、忙しくて酒まで手が回らなかった。

②お客側も、屋台のすしで酒を飲もうという考えがなく、あくまでもすしを食べることが目的だったから

と言われています。


今では小さい湯飲みを使うところもあるかもわかりませんが、お茶の湯のみ茶碗が大きいのも、何度も入れ替えをしなくて済むようにという屋台から始まったサービスで、それが現在のすし屋に受け継がれていると言われています。

面白いですね!




#寿司屋  #寿司 #食べ方  #東京  #マナー  #歴史  #寺子屋  #旅行  #郷土料理  #寿司好き #寿司大好き #お茶 #あがり #専門用語 #足立区 #綾瀬 #榮寿司

​2019 Susy's Zoo Japanese & Nail
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube