【すし屋の娘直伝!】七夕に食べる食べ物?!



7月7日は七夕と言われていますが、「そうめんの日」でもあるそうです。

日本では、七夕の日に「そうめん」を食べる地域がありますが全国的に食べられているわけではありません。


もともとは、七夕のルーツと言われる中国で、七夕の日に食べていた「索餅」という小麦粉と餅粉をこねて揚げたお菓子が日本に伝わり、徐々に、日本人が食べやすい「そうめん」へと形を変え、一部の地域で、七夕の伝統料理として食べられるようになっていったと考えられています。

また、「短冊」の始まりとして、“裁縫の上達”を祈って「糸」を結んでいたという説があり、そうめんが「糸」に似ていたことも、七夕にそうめんを食べるようになった要因かもしれません。


このように、日本で古来より、七夕の行事食として伝わってきた「そうめん」ですが、広く認知されるように、全国乾麺協同組合連合会が7月7日「七夕・そうめんの日」と定め、芸事以外にも様々な願い事が叶うように「そうめん」を食べるよう、普及を図っているようです。


また、ちらし寿司を食べる地域もあるようですが、根拠はないそうです。

#寿司屋 #寿司 #食べ方  #東京 #マナー #歴史  #寺子屋   #旅行 #郷土料理   #寿司好き #寿司大好き #お茶 #あがり #専門用語 #足立区 #綾瀬 #榮寿司 #七夕 #そうめん #ちらし寿司 #コロナ

0回の閲覧
​2019 Susy's Zoo Japanese & Nail
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube