【すし屋の娘直伝!】貝類の栄養素と効用


今回は、6種類の貝類の栄養素と効用をご紹介。


①赤貝

身に鉄分を多く含み、貧血に効果があります。

②青柳

オレンジ色の身の色はカロチノイド色素によるもので、ビタミンAの効果が期待できます。

③アワビ

コレステロールが多いと思われていますが、意外に少なく、鉄分やタウリンが多く、カロリーは少ないものです。

④ホタテ貝

イノシン酸、グルタミン酸などの旨み成分をたっぷり含む貝で、たんぱく質が多く、コレステロールを減らすタウリンも含みます。

⑤ミル貝

カリウムをはじめ、ミネラル分を多く含みます。

⑥トリ貝

貝類の中ではたんぱく質の含量が多く、人の体内に入るとバランスの良い必須アミノ酸に変化します。トリ貝には、鉄分やタウリンも含まれています。


今後は、ただ食べるのではなく、栄養を考えて食事をしてみてはいかがでしょうか。




#寿司屋  #寿司  #食べ方  #東京  #マナー  #歴史  #寺子屋  #旅行  #郷土料理  #ホタテ  #ミル貝  # 赤貝 #青柳 #アワビ #とり貝  ##効能  #栄養素  #ビタミン #ミネラル  #DHA  #EPA #B2  #脂質  #高タンパク  #低カロリー  #脂肪酸  #コレステロール  #動脈硬化  #カルシウム  #鉄分 #カロチノイド色素 #タンパク質 #カリウム #必須アミノ酸

5回の閲覧
​2019 Susy's Zoo Japanese & Nail
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube