【すし屋の娘直伝!】すし屋に行かないと思われる注文

最終更新: 6月19日


すし屋へ行ったことがない、あるいは、持ち帰りや回転寿司に通う人なんだろうなと思う方は、そういうお店にしかないものをオーダーします。


例えば、ネギトロを軍艦巻き。

サーモンの注文、サーモンを炙りとか。


今でこそ、サーモンはすし屋には置いてありますが、昔からくるお客さんは食べない方が多いです。そういうお客様は、サーモンでなく、焼き鮭を食べます。



とはいえ、メニューにはない、ネギトロの軍艦、サーモンの炙りなど、寿司店になくても注文されれば作ってくれる職人もいると思います。

しかし、職人さんは生で食べても美味しいものを仕入れているでしょう。

「お金を払えばなんでも頼んでいい」という考えではなく、あるものを美味しいものをいただくのも、おもてなしに答えることになるのではないでしょうか。


お寿司屋さんのみならず、飲食店へ行った時は、職人の気持ちを考え、注文をするのも大事なことの一つかと思います。


嫌われるお客様にならないよう、寿司店、回転寿司店、持ち帰り寿司店をいっしょくたに考えず、それぞれのお店にあった気遣いは必要かと思います。


逆のお話で、お客様が回転寿司へ行った時のお話を聞いたことがあります。

わさびを入れる場合は、注文時にわさびのボタンを押さなければならないそうですが、寿司屋の常連のその方は入っているものだと思い込み、普通に注文したそうです。


そして、注文した握りを食べ、わさびが入っていないので「わさびがないっていない」とスタッフに言ったら、「注文時にわさび入りって押さないから入れてないけど、なんで?」というような顔をされたそうです。何よりも、その店員さんに、「なんで寿司なのに、入ってなくて当たり前な態度なんだ?」と思ったそうです。


そのお客様は、カウンターにあるすし屋で出てくるものが寿司だと思っているので、回転寿司でもそれが普通だと思っていたのでしょう。


寿司屋、回転寿司、海外のSUSHIでもお話ししましたが、別のものと考えて、それぞれのお店で失礼のないようにしたいですね。




#寿司屋  #寿司 #食べ方 #東京  #マナー  #歴史  #寺子屋  #旅行  #郷土料理 

#寿司通 #回転寿司 #SUSHI #体験型授業 #日本代表 #刺身

​2019 Susy's Zoo Japanese & Nail
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube