【すし屋の娘直伝!】ばら寿司の歴史

最終更新: 6月19日



ばら寿司とは酢飯に細かく切った魚介や干ししいたけ、そのほかの具材を混ぜこんだお寿司を指します。ばら寿司は具材を「バラバラにする」ことから、ばら寿司という名称になりました。


その起源は、岡山藩主池田光政が、『一汁一采令』という、汁物一品と副食一品以外を禁止した法令を発布したことに始まるとされています。


庶民は何らかの形で美味しい物を食べたいと感じて、ご飯の桶の底に大きめに切った具を敷いて、その上に細かい具、そして酢飯を被せて、食べる直前に桶をひっくり返すという形での何かの記念日だけにこの寿司を楽しんだようです。


もちろん、藩令にはそむく行為なのですが、池田家は不思議とこういう庶民の遊びに寛大な藩主が多く、この行為もほとんどは暗黙の了解で許されていたようです。


こうして、岡山城下からひそかにばら寿司が広がったとされています。


#寿司屋  #寿司  #食べ方  #東京  #マナー  #歴史  #寺子屋  #旅行  #郷土料理  # ばら寿司 #岡山県  # 岡山城 #栄養素 #寿司大好き #寿司の食べ方 #寿司のマナー #寿司屋での振る舞い

2回の閲覧
​2019 Susy's Zoo Japanese & Nail
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube