【すし屋の娘直伝!】マグロの栄養素と効能

最終更新: 6月19日



今回は、マグロの栄養素と効用についてです。


【赤身】

一般に、赤身の多い魚は運動量が多く、マグロは時速60km以上で大回遊すると言われています。マグロの赤身は背身に多く、脂肪分が少なく、鉄分、ミネラルが多いのことが特徴です。

【中トロ】

良質の脂肪酸を含み、赤身の栄養素も摂取できるバランスの良い部位です。カロリーは大トロの3割減になります。

【大トロ】

ウナギ以上に多量の脂肪を含み、カロリーも高いですが、頭を良くする効果のあるDHAをもっとも多く含んでおり、成人病予防によいEPAの含量もかなり高いと言われています。


今後の参考にしていただけたらと思います。



#寿司屋  #寿司 #食べ方 #東京  #マナー  #歴史  #寺子屋  #旅行  #郷土料理 #赤身 #中とろ #大トロ #効能 #栄養素 #ビタミン #ミネラル #DHA #EPA #B2 #脂質 #高タンパク #低カロリー #脂肪酸 #コレステロール #動脈硬化 #カルシウム #鉄分

3回の閲覧
​2019 Susy's Zoo Japanese & Nail
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube