【すし屋の娘直伝!】光りものの栄養素と効能

最終更新: 6月19日



今回は、光りものの栄養素と効用についてです。

【カツオ】

昔から滋養に良い魚といわれていますが、ビタミン、ミネラルのほか、DHAも豊富に含みます。

【コハダ】

カルシウムの含有量が素晴らしく、牛乳の1.5倍にもなり、鉄分やEPAも多く含まれています。

【サバ】

脂質の代謝を助けるビタミンB2を含み、DHAの含有量は光もののタネではトップを誇ります。

【アジ】

コレステロールを減らして動脈硬化などの成人病予防に効果のあるEPAが豊富で、旬の時季には含量が増します。

【イワシ】

EPA、DHAという脂肪酸を多量に含み、刺身やすしなどの生で食べるともっとも効果的に摂取できます

【サヨリ】

光ものの、タネですが、栄養的には白身の魚とほとんど同じで、脂質が少なく、高たんぱく低カロリーです。


栄養を考えて食事をするのも楽しいのでは?!



#寿司屋  #寿司  #食べ方  #東京  #マナー  #歴史  #寺子屋  #旅行  #郷土料理  #光もの  #ひかりもの #アジ #カツオ #コハダ #サバ #イワシ #サヨリ #効能  #栄養素  #ビタミン  #ミネラル  #DHA  #EPA #B2  #脂質  #高タンパク #低カロリー  #脂肪酸  #コレステロール #動脈硬化  #カルシウム  #鉄分 #代謝 #白身魚



4回の閲覧
​2019 Susy's Zoo Japanese & Nail
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube