【すし屋の娘直伝!】寿司は「握る」と言わない?!

最終更新: 6月19日


寿司の移り変わりのお話をしましたが、昔のすしは発酵させていました。

すしは、桶や樽で発酵させたものだったので、「漬ける」と表現されていて、「作る」や「握る」ものではありませんでした。


「釈名」という中国の辞書には、「すしは漬物」と書かれています。


また、俳句集「若えびす」には、

「祭りが近い時期となりましたよ。お宅はもう、すしはお漬けになりましたか?」と書かれています。

このように、すしは「漬ける」と表現され、少なくとも、明治43年までそう呼ばれていたと言われています。


現在でも、発酵寿司を作っているところでは、「すしを漬ける」という言葉を使っているでしょうね。


#寿司 #にぎり #握る #漬ける #漬物 # 講座 #東京 #マナー #歴史 #寺子屋 #旅行 #郷土料理

0回の閲覧
​2019 Susy's Zoo Japanese & Nail
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube